試合の結果は。。。

 

 舞台裏でさらにウォーミングアップを重ねる。

 

iPhoneImage.png

 

この辺りから常に2台ぐらいのカメラが回って撮られている状態。

 

スタッフの声がけにより壇上に選手から上がる。

 

スポットライトが一転に集中する。

 

iPhoneImage.png

 

すごい熱量だ。

 

ひたすら転ばないように、

 

階段を数えるように登り、

 

階段をおりた覚えぐらいしかない。

 

iPhoneImage.png

 

結果は試合は判定負けしてしまったのものの、

 

相手側のドーピング疑惑があったとわかったのは最近のこと。

 

なおさら悔しい。。。

 

 

Posted by Trainer Masato | comments(0) trackbacks(0)

試合直前

 

 リハーサルを終えて、

 

他のメンバーは早々と控え室に戻る。

 

僕は興味津々な部分があったので、

 

アリーナをぐるりと一周してから戻ることにした。

 

裏舞台ほど面白いものはない。

 

見慣れた芸能人の控え室等もあった。

 

有名選手もいた。

 

 

少ししたら準備に取り掛かる。

 

 

トレーナーの一番の仕事。

 

iPhoneImage.png

 

選手の体のコンディショニング。

 

他の選手との相部屋だったため、

 

他のトレーナーが何をしているかも見ることができた。

 

PNF(治療方法)がメインなトレーナーさんが多く感じた。

 

 

 

控え室のテレビはライブが観れる。

 

そろそろ開会式が始るということがわかったので、

 

着替えて開会式の準備に入る。

 

iPhoneImage.png

 

リハーサル時はあれだけ閑散としていた会場が、

 

観客で埋め尽くされる。

 

開会式に参加し、医務室兼レフリー室に入る。

 

iPhoneImage.png

 

レフリーが注視しているところでバンテージを巻き、

 

認定を受けて、

 

グローブをはめる。

 

合格ならバンテージとグローブの上からハンコを押される。

 

 

そこからウォーミングアップが始まる。

 

iPhoneImage.png

 

他の競技じゃありえないぐらい、

 

心拍数を上げる。

 

疲労が蓄積しないかと心配になるぐらいだが、

 

格闘技界では普通のことらしい。

 

 

 

Posted by Trainer Masato | comments(0) trackbacks(0)

リハーサル

 

 リハーサルを行う。

 

選手の登場シーン案内の仕方等、

 

まずはスタッフさんが選手のネームカードを持って、

 

爆音の中、登場する。

 

iPhoneImage.png

 

きっとなんどもリハーサルのためのリハーサルをやったとみられる。

 

スタッフさんお疲れ様。

 

そのあと、実際に選手に歩いてリハーサル。

 

かなり入念だ。

 

 

 この広いさいたまスーパーアリーナ、

 

どれぐらい埋め尽くされるのだろうか。

 

iPhoneImage.png

 

僕らはリハーサルなかったので、

 

この時はまだ自身も花道を歩くことは知らなかった。

 

Posted by Trainer Masato | comments(0) trackbacks(0)

当日の朝

 

 試合が終わってクタクタになって3日間撃沈してた。

 

深夜車を走らせて帰ってきたということもあるけど、

 

疲労感がハンパない。

 

歳のせいか。。。

 

 

 時間を巻き戻して当日の朝。

 

K-1側が用意してきたホテルのロビーで待ち合わせ。

 

すごい人。

 

観光客、ファンの人や選手、セコンドも合わさる。

 

iPhoneImage.png

 

会場まで選手&セコンド移動専用のバスに乗る。

 

バスは一台。

 

海外だと赤コーナー、青コーナー別々のバスが用意されているようだが、

 

K-1はごちゃ混ぜで乗る。

 

ということは対戦相手も乗ることになる。

 

僕らは一番後ろの席を陣取る。

 

ここでも衝突はあるのか。

 

大会前にそれだけは避けたい。

 

結局相手は乗り込んでこなく、

 

ホッと一安心。

 

安心している間に、さいたまスーパーアリーナに到着する。

 

iPhoneImage.png

 

Posted by Trainer Masato | comments(0) trackbacks(0)

トレーナーもしっかりと仕事してますよ

 

 前日のスケジュールを終えたあとは、

 

コンディショニング。

 

 

ようやく僕の出番。

 

この日は当日の段取りを考えた上で、

 

加藤選手の武器を磨くことに。

 

左パンチと左のキック。

 

これで何人もなぎ倒してきた。

 

 

だからこそ納得いくまで、

 

徹底的にチェックとケアを繰り返す。

 

「OK」が出た時点で、

 

明日のスケジュールを確認し選手も僕も休むことにした。

 

 

※通常トレーナーやコーチが選手とのことを書くのは御法度。

しかし、ショーの要素がある格闘技界は少し違うようだ。

コーチもどんどんSNS等で情報を拡散している。

理由は格闘技を広めるためだ。

これからのスポーツ業界はもっとオープンにしていく必要があるとコーチは言う。

その言葉にトレーナーの僕も賛同した。

 

 

Posted by Trainer Masato | comments(0) trackbacks(0)

公式計量後


こっちにきて、

チームで移動。

やたらと僕より大きい人たちに囲まれてる。

この時点で普段できない経験。



公式計量後はうどんを食べに行き、


一度、ボディケアと身体のチェック。

その後、夜中に外に出て、

巨大なステーキをペロリと平らげる。

ファイターは金かかるわ。




他の競技とは違い、

試合前なのにリラックスムード。


トレーナーが拍子抜けするぐらい。

緊張感は計量までのよう。

Posted by Trainer Masato | comments(0) trackbacks(0)

公開計量


公開計量で相手が挑発するものだから、

会場とチームがピリつく。



記者会見の時、

関係者からは念を押されて、

「絶対にけしかけないようにお願いします!」

と言われる。

あの煽るのはヤラセもあるかと思ったが、本当にあるんだな。。。

控え室の隣にいた有名選手に、

「代わりに僕が煽りますよ!!二人とも大きいから止めれないですけど。。。(笑)」

チームに笑いをくれた。

Posted by Trainer Masato | comments(0) trackbacks(0)

タイトルマッチのセコンド


今日はこれから東京で仕事のため、

高速道路に乗り移動中。

この光景見るだけで、

息苦しくなる。



花粉症が酷くならなければいいけど。

仕事中は緊迫感があるから、

セコンドとなるとそれどころじゃないかも。

タイトルマッチを制して、

いざ世界へ!!



頂点を目指し!!

Posted by Trainer Masato | comments(0) trackbacks(0)

乗り掛かった2つの船 もう1つ

 

 セミナー投資。

 

この業界のセミナーとしては0が2つぐらい違う桁違いに高額。

 

周囲がやらない事を自分がやる。

 

決めた以上、船を漕ぎ続けるしかない!!

 

iPhoneImage.png

 

これまた選手と一緒だと思う。

 

競技をやりはじめたらとことん前に向かって突っ走る。

 

こだわって走り続ける選手が心も身体も強い選手になる傾向にあると思う。

 

選手もトレーナーも共に成長します。

 

 

Posted by Trainer Masato | comments(0) trackbacks(0)

乗り掛かった2つの船

 

 1艘目はK-1タイトルマッチまであと1週間。

 

他の競技のアスリートとは、

 

また違った感じの過酷な環境下。

 

痛めつける競技であるため痛くない日がない。

 

当日まで少しでも痛みが引くように、

 

iPhoneImage.png

 

全身全霊でサポートしていくぜよ!!

Posted by Trainer Masato | comments(0) trackbacks(0)
PROFILE
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
CATEGORIES

RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS

RECOMMEND
LINKS
OTHERS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
ブログパーツUL5